【複業採用イベント】SEA VEGETABLE Meetup 開催

 

シーベジタブルは、これまで食べられてきたけど採れなくなった海藻や、美味しいけど食べられてこなかった海藻の採取に始まり、栽培(種苗培養、設備開発、水質分析、試験生産)、収穫と製品化、販売、料理開発まで、一貫して行っています。その過程で、海藻を共に栽培するパートナーとなる地域の漁師、栽培設備の開発事業者、海藻食を共に広げてくれる料理人など、様々な人たちが関わることで、海の生態系を豊かにすることを目指しています。


昨今、社会的に注目を集めているネイチャーポジティブの観点や、食材としてのポテンシャルの高さに期待が寄せられるなか、同時多発的にプロジェクトが進んでいます。そのため、シーベジタブルの活動に参画していただける方をはじめて募集することにしました。このMeetupイベントを通して、まだ知られていない海藻の可能性を、わくわくしながら共に広げていける仲間と出会えることを楽しみにしています。お互いを知るカジュアルなイベントです。すでに複業を行っているメンバーも参加し、働き方や、仕事の面白さ、大変さなどリアルな話をお伝えします。選考ではなく、まずはお互いを知る機会として設けているのでリラックスして参加ください。

 

◾️想定している仕事内容(一例)

シーベジタブルでは、それぞれの経験やスキルを活かして複業するメンバーが多数在籍し、リモートワークがベースとなります。slackやWeb会議といったオンラインコミュニケーションを活用し、各自が主体性を持って業務に取り組んでいます。今回募集するオープンポジションでは、プロジェクトの進行管理や、マーケティング、企画、広報、販売など得意分野で力をお貸しください。シーべジタブルの現状や予算等をすり合わせた上で、ご応募いただいた方の知見やスタンスに合わせてお声がけさせていただきます。依頼の例は、以下の通りですが、これは一部の例に過ぎませんので、エントリー時はどの観点でお力になっていただけそうかをご記載ください。

・各種プロジェクトの企画、進行管理、実行
・マーケティング/セールス(国内外)
・受発注/在庫管理などのバックオフィス
・新商品開発
・品質管理/栄養成分分析
・藻類培養に関する研究

 

◾️マッチングの流れ

STEP1:Meetupに応募いただく。(※ 応募者多数の場合は、選考させていただきます)

STEP2:Meetupの参加案内を受け取る

STEP3:Meetupに参加する

STEP4:Meetupへのご参加を経て、ご関心をお持ちいただける場合は、Meetup後にエントリー意思をご連絡しますので、正式にご応募ください。

 

想定報酬

・報酬は応相談

・稼働時間:40時間/月〜(目安)

※ 2ヶ月程度は、業務量に応じて有料の研修期間として、マッチングする場合、面談後に報酬や稼働時間をご相談させていただきます。

____________________________________________

◾️開催概要

開催日:2024年5月1日(水) 19:30〜21:00

応募期間:2024年4月4日(木)〜4月23日(火) 正午

開催場所:東京都渋谷区 ※ Meetupにご応募いただいた後、詳細の住所をご案内いたします

参加方法:フォームからエントリーしてください

 

◾️応募のスケジュール

4月23日(火) 正午:応募締め切り

4月26日(金):選考結果のご連絡

 

◾️当日のタイムスケジュール

2024年5月1日(水) 

19:15〜19:30 受付

19:30     Meetup スタート

19:30〜19:50 シーベジタブルについて(共同代表 友廣裕一)

19:50〜20:10 担当者から、お仕事のご紹介

20:10〜21:00 交流会

 

Meetupにエントリーする

 

※ Meetupイベントに参加できない方で、事業に関心のある方は、
こちらのフォームからご登録してください。
後日、シーベジタブルのメンバーからご連絡をさせていただく場合がございます。

____________________________________________

 

◉チャレンジを通して描く未来

シーベジタブルは、磯焼けにより減少しつつある海藻を採取して研究し、環境負荷の少ない陸上栽培と海面栽培によって蘇らせ、海藻の新しい食べ方の提案を行っています。日本の海域には約1500種類を超える海藻が生息し、そのすべてが毒を持たず、食用になり得るとされています。しかし、世界で最も海藻食文化が進んでいると言われている日本でさえも、食卓に並ぶのは数十種類だけ。1400種類以上もの海藻が未知なる食材として眠ったまま存在しています。過去から受け継がれる海藻食文化を守っていくと同時に、新たな海藻食文化をつくることで、海にも人にも良い未来を広げるために、活動しています。

 

◉世界初、地下海水をつかった青のり陸上栽培

シーベジタブルが特に生産に力を入れているのは、青のりの中で最も香り高く最高級品種と言われるスジアオノリです。かつての主産地であった高知県四万十川では、河口部の水温上昇に伴って収穫量が激減し、2020年には出荷量がついに0kgになりました。シーベジタブルは、世界初となる清浄でミネラル豊富な地下海水を用いた陸上での栽培を行い、独自に開発した設備(特許取得済)や生産ノウハウにより、高品質なスジアオノリを通年で安定的に供給しています。

 

◉海の生態系を豊かに育む海面栽培

海藻が形成する藻場は“海のゆりかご”と言われるように、魚や貝などの生き物たちの命を育む機能があり、海の生態系のバランスを保っています。しかし海水温が年々上昇していることで、海藻を食べるアイゴなどの魚やウニの活性が高い時期が長期化し、その結果、全国各地で食害が大きく発生し、藻場が激減しています。こうした状況の中で私達ができることの一つが、海面で海藻を栽培することでした。海水温が下がって食害を受けない時期や海域を特定し、そこに適した海藻を栽培すれば、一時期だけでも海に海藻がある状態をつくることができます。どうしても食害を受けてしまう状況では、カゴなどを使って栽培することが可能です。これにより今まで活用されていなかった海域に海藻がある状態を長い期間つくっていくことができ、海の生態系を豊かに育むことができると考えています。

 

陸上栽培と海面栽培により、全国各地で希少品種の海藻の研究と生産に取り組み、「食べられてきたけど採れなくなった」「美味しいけど食べられてこなかった」海藻を、レストランやホテルといった事業者を始め、生活者に向けて販売しています。

Meetupにエントリーする

  

 Meetupイベントに参加できない方で、事業に関心のある方は、
こちらのフォームからご登録してください。
後日、シーベジタブルのメンバーからご連絡をさせていただく場合がございます。

 

<シーベジタブルメディア掲載>

海藻の栽培から食の提案まで、海の生態系を育み循環をつくる「シーベジタブル」(ICC FUKUOKA 2024)

海藻の養殖が、海の変化を食い止める。シーベジタブルが目指す海の生物多様性(Yahoo! JAPAN SDGs)

NHK WORLD - JAPAN